首の皮のたるみ解消法



皮膚の役割

 

皮膚は年齢と共に確実に衰えていきます。これは自然の摂理ですから仕方がないのですが、わかってはいても皮膚の衰えは特に女性にとっては重大事で、いつまでも若々しくありたいと願っているものです。

 

皮膚の衰えが気になるのは、やはり普段表に出ている部分で、顔、首、手などはいつでも人から見られる部分ということで、お手入れにも気を遣うわけです。

 

ところが顔や手はいろいろな化粧品なども多く登場していますが、なぜか首用というのはあまり聞かれないようです。首の皮のたるみは若さを阻害する重要部分で、又、加齢による首の皮のたるみはまさに正比例しているかのように出てきますから、本来は顔と同様にもっとケアしないといけないはずです。

 

年をとって首の皮がたるんでくると、人はその部分を隠すようにしたりしますが、できれば皮のたるみ自体を改善する方がいいことは明らかです。ここではそんな首の皮のたるみについて基礎知識を交えながら解消法をお話ししていきたいと思います。

 

まず皮膚の衰えといえばシワがあります。首の皮がたるんだ時も当然シワになりますが、このシワとは皮膚の表面にできる細い筋目のことを指しています。

 

皮膚は、身体を覆って保護をする大切な組織で、人間を含む脊椎動物では表皮、真皮、皮下組織から構成され、毛、爪、汗腺、脂腺、乳腺などが付属して、身体保護、体温調節、排泄、皮膚呼吸、知覚などの機能も持ちあわせています。つまり美容もさることながら、本来の機能が実に重要だということです。