首の皮のたるみ解消法



皮膚の衰え

 

皮膚の衰えの代表はシワだと言いましたが、シワにもいろいろな種類があります。代表的なのが乾燥ジワで皮膚の一時的な乾燥によってできる表皮性シワや小じわとなるものです。
特に腕、目や口の周囲にできやすく、これは細かく浅いシワで、疲れや肌荒れによっても眼の下にできたりします。小さな横ジワもこのタイプで子供にもでき、皮膚の弾力が失われたわけではありません。

 

真皮性シワの深さが真皮にまで達してしまうと、改善するのは難しくなります。乾燥に加えて弾力の低下も原因となって、皮膚の真皮にまで達するのですが、これは目尻や額などで縦方向にできる細かいシワで、加齢が最大の原因です。

 

又、乾燥ジワは小ジワに進行することがあります。ここまでは首のたるみやシワとは関係なさそうにも思えますが、皮膚のシワやたるみは総合的なものであり、顔や手で目立つ乾燥ジワは首とは無関係ではありません。

 

ちなみに小ジワが成長して、大きな目立つシワしわになったものを大ジワ、老人性シワと呼びます。

 

やはり目立つのは眼や口の周り、額、顔の輪郭などで、ここでは既に皮膚は乾燥し、真皮の弾力も無くなっています。又、皮下脂肪が少なくなり、表情筋も縮みますが、言ってみれば典型的な老化現象であると考えられています。