首の皮のたるみ解消法



日常生活での対策

 

首の皮のたるみを解消するにはいろいろ方法もありますが、まずは普段の生活の中でできる実施方法をやってみてください。

 

はじめはコラーゲンの減少対策です。皮膚の真皮層は、コラーゲンとヒアルロン酸等ムコ多糖類で構成されていますが、加齢によってコラーゲンは壊れて減少し、繊維芽細胞が衰退してきますから、普段の食生活でしっかりコラーゲンを摂るようにしましょう。

 

コラーゲンは、主に真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質で、多細胞動物の細胞外マトリクスの主成分です。人間の体内に存在しているコラーゲンの総量は、全タンパク質の約30%を占める程です。コラーゲンを多く含む食材は豚足、ゼラチン、牛筋、軟骨、鶏の皮などで、特にゼラチンはプロテアーゼによって分解されやすく、アミノ酸供給源として吸収されやすくなっています。

 

次の対策は紫外線、皮膚の乾燥、活性酸素を防ぐということで、活性酸素はストレス、悪い食事、睡眠不足等から生まれるので生活改善が必要です。栄養としては、コラーゲン、ヒアルロン酸等のムコ多糖類と、水分をできるだけ多く摂るようにしてください。

 

次は表情筋の衰えで、普段無表情でいることが多い人は表情筋が衰えて頬のたるみとなり、それが垂れ下がってしまうので、首のたるみの原因となってしまいます。顔の表情は豊かに、笑顔でいるのが一番です。